勤労統計不正「大きな問題」82% 朝日世論調査

有料会員記事

[PR]

 朝日新聞社が19、20両日に実施した全国世論調査(電話)で、「毎月勤労統計」の調査が不正に行われたことを尋ねると、「大きな問題だ」が82%、「それほどでもない」は13%だった。自民支持層でも「大きな問題」と答えたのは79%にのぼった。

 調査の不正やその後の政府の対応を受けて、政府の統計データへの信頼度を尋ねると「下がった」48%、「変わらない」44%、「上がった」は3%だった。

 内閣支持率は43%で、前回昨年12月調査の40%からやや上がった。不支持率は38%(前回41%)だった。

 北方領土についても尋ねた…

この記事は有料会員記事です。残り468文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら