[PR]

 JR奥羽線の秋田―土崎間(約7・1キロ)に新たにできる泉外旭川駅(仮称、秋田市泉菅野2丁目)について、JR東日本秋田支社の菊地正支社長は21日、「通勤や通学の利用が中心」との見通しを示し、観光駅として特急などを停車させる考えはないとした。

 新駅は秋田市の請願駅。18日に国土交通省東北運輸局から設置が認可された。11月に駅舎工事が始まる予定で、2021年3月の開業をめざしている。

 菊地支社長は、開業に向けて「土崎駅での折り返しや本数の検討など、お客様が利用しやすいダイヤを組んでいきたい」と話した。新駅周辺が住宅地であることから、通勤通学でのバス利用者の取り込みや、休日の秋田駅周辺への誘客が期待できるという。

 市交通政策課によると、予定地…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら