[PR]

 病院の薬剤を横領、転売したとして、地域医療機能推進機構(東京)は21日、福井県勝山市で運営する福井勝山総合病院の竹内哲夫・薬剤科長(55)を懲戒解雇していたと発表した。処分は昨年7月18日付。

 機構によると、処分理由は、竹内前科長が2014年5月~昨年3月の間、抗がん剤と白血病の治療薬の2品目、約600万円相当を横領し、第三者に売却したというもの。その後、8品目、約2100万円相当についても横領が判明した。昨年6月の監査で薬の使用量や在庫に矛盾が見つかり、直後に本人から申し出があったという。

 機構は昨年9月、福井県警に業務上横領と医薬品医療機器法違反(無許可販売)の容疑で告訴した。捜査との兼ね合いで公表を控えていたとしている。(平野尚紀)