[PR]

(21日、全豪オープン4回戦)

 大坂は時々、「成熟」という言葉を口にする。「思い通りに事が運ばなくても、状況を受け入れること。私には難しいけど、とても大切」との思いを込めている。

 その姿勢がよく表れたのが、初めてブレークに成功した第2セット。5―3で迎えたサービスゲームで、30―40と追い込まれた場面だった。正確なショットを淡々と放つセバストワは、大坂が不得手なタイプ。フラストレーションがたまっていた序盤なら、耐えられなかったかもしれない。

 だが、必死に足を動かし、コートの隅を突く球を拾い続けた。23本も続いたラリーを制し、ジュースに持ち込んだ末にキープに成功。セバストワの「技」に「力」で対抗した1セット目とは、まるで別人だった。

 「冷静になれた」という第2セ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら