[PR]

 中国広東省の南方科技大の賀建奎副教授が「ゲノム編集で遺伝子を改変した受精卵を使い、双子の女児を誕生させた」と発表した問題で、同省の調査チームは賀氏の主張は事実だと認定し、違法行為と判断した。動機については功名心や自己の利益を図るためとしている。国営新華社通信が21日に伝えた。

 ゲノム編集された子どもが生まれたのは世界で初めて。さらに別の1組が妊娠中だという。ただ、ゲノム編集は研究段階の技術で、健康被害など安全性が懸念されている。賀氏の主張については、未知のリスクに加えて倫理的な問題もあるとして、中国や国外の専門家らが批判していた。

 賀氏は昨年11月、香港大で開かれた国際会議で、ゲノム編集を行ったのは、エイズウイルス(HIV)に感染した男性と、感染していないパートナーの女性の受精卵だと公表。理由については「HIVにかかりにくい体質にするため」と説明した。しかし、根拠となる具体的な情報を明らかにしなかったため、国内外で主張が疑問視されていた。

 新華社通信によると、賀氏は2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら