【動画】アコンカグアから下山し、一夜明けた三浦雄一郎さん=金子元希撮影
[PR]

 南米大陸最高峰アコンカグア(標高6961メートル)の登頂とスキー滑降を目指していたプロスキーヤー三浦雄一郎さん(86)が現地時間の20日、登頂を断念し、下山した。ドクターストップをしたのは、エベレスト遠征でも同行した医師。標高6千メートルに入ってからの三浦さんの変化を見逃さなかった。

 三浦さんは21日朝(日本時間21日午後)、下山後に滞在しているアルゼンチン・メンドサ市内のホテルで朝日新聞の取材に応じ、「これ以上は事故の可能性が大きいと説得されて、あきらめた。残念です。今までの応援をしみじみと感じた」と振り返った。

 医師はチームドクターの大城和恵さん(51)。国際山岳医の資格を持ち、自らも山に登る。三浦さんが80歳でエベレストに登頂した遠征にも同行し、その際は標高6500メートルからのヘリコプターでの下山も提案した。

 低酸素、低圧で極地とも言える7千メートル級を目指す今回の遠征を「生物学的に86歳の限界」と冷静に分析し、遠征中の三浦さんの体調管理を続けた。「生きて還(かえ)る」と何度も口にし、登山方法についても慎重に助言を続けてきた。三浦さんも信頼を寄せている。

 大城さんは18日に入った標高約6千メートルのキャンプ地、プラサ・コレラで、三浦さんの変化に気づいた。血圧が高くなり、標高4200メートルのベースキャンプでは見られなかった持病の不整脈が、出始めた。

 不整脈自体は管理できるが、不整脈が出始めたということは、心臓への負担が強まってきたということだ。そこからさらに標高を上げると、良い条件は一つもない。心臓への負担がかかって、心停止を起こす恐れもある――。大城さんはそう判断した。

 大城さんは下山後の取材に、「60代、70代でヒマラヤで亡くなる人もいる。可能性と限界の見極めを失敗すると、命を失う。三浦さんは生きて帰らないといけない。可能性と限界の見極めを世界に発信できるとしたら、三浦さんしかいないと思う」と話した。

 それでも、三浦さんは前を向く。「6千メートルまで登ってみて、鍛え直せば、不可能に近い夢である90歳でエベレストに登れるのでは、という感覚になった。さらにチャレンジを続けたい」と語った。それを聞いて大城さんも「90歳の夢がすべてダメということではない。できることを一緒に工夫しながら考えたい」と話した。

 三浦さんは今月3日にアルゼン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら