[PR]

漫画偏愛主義

 最初の私の感想は「『りぼん』なのに・・・!」だった。主人公のはくセリフがこんなに衝撃的な作品が、あの王道少女漫画誌「りぼん」に載っているなんて! いや、だからこそ、りぼん編集部はこれを載せているのだな。「りぼん=少女だけが読む雑誌」のイメージを脱するために。

 「私は男に媚(こ)び売るようなバカな女じゃない」「私は女なんかじゃない」。主人公が自らの女性性を否定する言葉が次々出てくる。そして極め付きは、心を動かされている男の子について「どうしてこの人男なんだろ 男じゃなかったらよかったのに・・・」。

 マジですか。自分が愛する男性…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも