[PR]

 フグの一夜干しやブリの西京漬けを100円という破格の値段で販売し、最終的に約20万円の健康食品の契約に勧誘したとして、山口県警は21日、福岡県福津市の健康食品販売会社「あいプラザ」社員で、甲斐義弘容疑者(48)=福岡市東区松島1丁目=ら4人を特定商取引法違反(勧誘目的隠匿誘引、書面不交付)の疑いで逮捕し、発表した。

 ほかに逮捕されたのは、西園利明(47)=福岡市東区筥松1丁目=、新(あたらし)文善(49)=福岡県宗像市三郎丸4丁目=、在津武士(45)=熊本市東区東野2丁目=の3容疑者。いずれも容疑を認めているという。

 調べでは、4人は昨年2~3月ごろにかけて、健康食品の勧誘意図をうたわずにセミナー開催の案内チラシを山口、福岡、宮崎県内の女性ら6人に郵送。各担当エリアで格安の商品を次々と購入させたうえで、約20万円の健康食品の契約に勧誘。締結時に契約書面を渡さなかった疑いがある。

 下関署によると、あいプラザの会員は高齢者を中心に九州全県と山口県合わせて約3千人。昨年1月から4月までの売り上げは、少なくとも1億円にのぼるという。健康食品はカプセル状のもので、セミナーでは認知症予防などをうたっていたとみられる。(山田菜の花)