[PR]

 絶滅の恐れがある野生動植物の国際取引を規制するワシントン条約の対象に、マンモスを加えようという動きが出ている。5月にスリランカで開かれる条約締約国会議に向け、イスラエルとケニアが提案した。絶滅したマンモスを、野生生物を絶滅の危機から守るための条約の対象にするという異例の提案の背景には、象牙の密輸問題がある。

 議論の対象になっているのは、シベリアなどに生息し1万年ほど前に絶滅したケナガマンモス。シベリアの永久凍土から氷漬けの状態で全身が見つかるほか、牙も掘り起こされている。ゾウの保全を目的にワシントン条約で象牙の輸出入が原則禁止された1990年以降、マンモスの牙が代替品として国際的に流通。環境省によると、材質は象牙と類似しており、加工品になると外見から識別するのは非常に難しいという。

 イスラエルなどは、放置すればゾウの密猟や象牙の違法な国際取引を助長すると主張。マンモスの牙を国際取引する際に輸出国が発行する許可書が必要となる「付属書2」への掲載を求めている。掲載されれば、輸出国はマンモスの牙であることを確認しなければならず、マンモスの牙と偽った象牙の密輸に歯止めがかかるとしている。

 提案書によると、マンモスの牙…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら