[PR]

 仕事や住む家を失った生活困窮者が、緊急に資金を借りられる仕組みづくりを名古屋市のNPO法人などが進めている。今春にも「地域共同基金」を設立する予定だ。関係者は「自立に向けた柔軟なサポートをしたい」と意気込む。

 NPO法人「わっぱの会」(名古屋市)と、生活困窮者支援をしている「のわみ相談所」(愛知県一宮市)が27日に、名古屋市で設立準備の会を開く。

 今春をめどに一般社団法人として「基金」を設立。家賃を滞納した人や失業した人などに数万円を無利子で貸し、安定した生活のために相談支援員と対策を立てる、といった運用を想定する。本人との面談や支援団体の紹介などを通じて貸し付ける。わっぱの会代表の斎藤縣三さんは「行政の支援では限界がある。必要としている人にお金だけでなく自立支援も進めたい」と話す。

 生活に苦しむ人の声を受けて、…

この記事は有料会員記事です。残り456文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り456文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り456文字有料会員になると続きをお読みいただけます。