[PR]

 アフガニスタン中部ワルダック州で21日、情報機関の訓練施設を狙った襲撃があり、地元の病院によると、少なくとも50人が死傷した。反政府勢力タリバーンが犯行声明を出した。

 治安当局によると、同日午前7時ごろ、施設前で車爆弾が爆発したという。当局は被害規模を明かしていない。地元テレビは目撃者の話として、情報機関の制服を着た集団が爆発の混乱に乗じて施設内に侵入したと伝えた。5時間にわたって銃撃戦が続いたという。

 施設は首都から約30キロ。治安の要となる施設でも襲撃を食い止められない事態に陥っている。タリバーンは、同国に部隊を駐留させている米国と和平協議中だが、攻撃の手を緩めていない。(イスラマバード=乗京真知)