[PR]

 米紙ワシントン・ポストは21日、トランプ大統領が就任してからの2年間で、虚偽の発言や誤解を招く主張が計8158回に及んだと報じた。2年目に入ってペースが上がり、1日平均16・5回、ウソや間違いを言っているという。

 同紙は、トランプ氏の就任以来、その発言のファクトチェックを続けている。

 集計によると、トランプ氏のウソや間違いは、1年目は1日平均5・9回だったが、2年目は計6千回以上にのぼり、1日平均は16・5回で、3倍近いペースに跳ね上がった。

 政策分野別では、トランプ氏が目玉政策として固執し続ける「国境の壁」に絡み、移民問題が1433回で一番多かった。特に壁建設をめぐる与野党対立によって政府機関の一部が閉鎖に追い込まれるなか、最近の3週間だけで300回ものウソを積み上げた。

 トランプ氏が19日に、野党側に政府閉鎖をやめるために取引案を提示した演説でも12回あった。例えば、トランプ氏は「頑強で完全な鉄製のバリアーを南の国境に建設すれば、犯罪率や麻薬問題はあっと言う間に大幅に削減される」と訴えた。しかし、同紙によると、国内で売られる違法な麻薬のほとんどが通関所をすり抜けて流入しており、壁の建設とはほとんど関係ないという。

 政策別ではこのほか、外交が9…

この記事は有料会員記事です。残り308文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り308文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り308文字有料会員になると続きをお読みいただけます。