[PR]

 農閑期の冬の日曜だけ開店する和歌山県かつらぎ町のラーメン店「ラーメン倉庫」が、今年も20日からオープンした。ラーメン好きの果樹農家の男性が2011年に農業用倉庫で始め、今年は4月下旬まで計15日間だけの営業の予定。その珍しさから「幻のラーメン屋さん」と人気を集め、営業日は行列ができる。

 同町の山中にある鉄骨2階建ての倉庫。重い鉄の扉を開けると、店内には果実用コンテナなどで作った手作りの4人掛けテーブルが九つ並ぶ。「お待たせ、ありがとな」。店主の平山忠央さん(61)が店内に設けた手作りの屋台から顔を出し、ラーメンを手渡した。

 平山さんがラーメンに魅せられたのは、ラーメン店が立ち並ぶ京都で過ごした大学時代。「そのころから自分で店を開くのが夢になった」

 卒業後は、実家の農家を継ぐため帰郷し、現在は梅、スモモ、柿を育てる果樹農家。帰郷後も各地のラーメンを食べ歩くうちに、20年ほど前から「自分のラーメンを作りたい」との気持ちが募った。雨で農作業ができない日や農閑期を利用して、自宅の台所で研究に打ち込んだ。スープの食材のアイデアで、ノートがすぐに埋まっていった。11年に妻と娘の家族4人で週末だけの営業を始めた。

 メニューは、開店当初からスープが自慢の「しょうゆ豚骨ラーメン」の1品で勝負。多くの人に味わってもらおうと600円(税込み)と価格を抑える。平山さんは「店にはお金をかけんようにしとんのよ」。テーブルも屋台も手作りで、整理券も厚紙の方眼紙を買ってきて切って、押印しただけのものだ。

 開業当初はほとんどが地元の客。それが、農閑期の週末営業のみという珍しさから「幻のラーメン屋」などとテレビでも紹介され、北海道から沖縄まで全国各地からお客が訪れるようになった。

 夫婦で来店した大阪府の大田哲…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら