[PR]

藤村忠寿(HTB「水曜どうでしょう」チーフディレクター)

 毎年2月に高松市で開かれる「さぬき映画祭」に今年も参加します。これで6年連続。この映画祭は地元出身の映画監督・本広克行さんがプロデューサーをつとめていて、彼の人脈で山田洋次さんや大林宣彦さんらの名だたる監督や俳優さんたちが参加しています。夜になると市内のレストランがパーティー会場となって、そんな人たちと酒を酌み交わすこともできます。昨年は、ここで知り合った犬童一心監督の映画「猫は抱くもの」に出演する機会も得ました。

 僕は映画とは関係ないんですが、本広監督が「水曜どうでしょう」のファンで、番組で放送した「四国八十八カ所お遍路の旅」を上映したり、一緒にトークショーをやったり、数年前からは本広監督が企画した映画祭用のオリジナル映像を僕と嬉野さんで撮影したりしています。

 僕らと同じようにこの映画祭に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも