[PR]

 教職員の長時間勤務が問題になる中、千葉県市原市の小、中学校の教職員を対象にしたアンケートで、部活動の顧問を担当することについて、「担当したくない」「できれば担当したくない」と答えた人の割合が中学校では半数近く、小学校は6割以上にそれぞれ上ったことが分かった。

 アンケートは市原市の小、中学校の全教職員が参加する市教育研究会の「職場の問題部会」が昨年7月に実施した。中学校は325人、小学校は183人が回答。回収率は小、中学校ともに7割ほどという。

 集計結果によると、部活動の顧問について、「担当したくない」と回答した人は中学校が56人(17%)、小学校が34人(19%)。また、「できれば担当したくない」は中学校が92人(28%)、小学校が85人(46%)だった。合わせると中学校は45%、小学校は65%にそれぞれ上った。

 担当したくない理由を八つの選…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら