[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピック招致に絡む汚職疑惑問題で、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は22日に開かれたJOC理事会で、フランス当局の捜査対象になったことなどについて役員に説明し、「心配をかけて申し訳ない。粛々と疑惑払拭(ふっしょく)に努めたい」と陳謝した。

 竹田会長は会の冒頭、昨年12月に仏当局の事情聴取、今月11日には国際オリンピック委員会の倫理委員会から聞き取りを受け、同委員会からは「状況を見守る」と伝えられたと説明。15日の記者会見で質疑応答を受けなかった理由は「捜査中のため、弁護士らの意見に従った」と話した。