[PR]

 現役高校生ラッパーとして活躍する「Kai―Tone(カイ・トーン)」こと、名護海都さん(18)=西原高校3年=が、高校生最後のラップ選手権に今月挑戦する。2016年に即興のラップを競う大会「UMB」に最年少の16歳で沖縄県代表として出場したほか、全国高校生ラップ選手権にも2回出場。名護さんは「有名なラッパーになって、沖縄を全国に発信したい」と夢を描く。(浦添西原担当・伊禮由紀子)

 ラップに興味を持つきっかけは、中学2年生の頃に見た人気ラッパーのステージ映像。「世間に対する不満などを言葉でぶつける姿に『かっこいい』と感じた」と振り返る。ラップを聴くのが好きな兄に勧められ、すぐに県内の18歳以下が集うラップ・バトルに初出場した。

 バトルではDJが流すビートに合わせて即興で歌詞を考え、ラップでお互いの言葉をぶつけ合う。相手のラップに即座に反応し、韻を踏みながら言葉を音楽に乗せるなど、巧みな表現力が求められる。

 語彙(ごい)力を磨くため、ジ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら