[PR]

 男性(22)は1月、西日本の山すその町にいた。山頂に続く国道をのぼっていくと、海を見下ろせる場所に出た。

 「あった」

 目の前に、電話ボックスがある。しばらく見つめた。スマートフォンを取り出し、シャッターを押した。

 23年前の春。ここで、へその緒がついたままの赤ちゃんが見つかった。タオルにくるまれ、紙袋に入れられていた。それが、生後間もない男性だった。

 17歳のとき、父に本当の子どもではないと言われた。親が寝静まった夜、母子手帳を探し出した。名字が修正液の上に書かれていた。裏からライトをあてると、別の名字が透けて見えた。

 大学で一人暮らしを始め、戸籍をたどった。見たことのない住所があった。20歳のとき、初めて訪れた。詳しいことは、わからなかった。

 お金がなかったのだろうか。若すぎたのだろうか。ぼくは生まれてきてよかったのか。

 古い新聞記事を手に入れた。《電話ボックスに赤ちゃん置き去り》。見出しにそうあった。

 今年1月の再訪で、初めて電話ボックスのある場所にたどり着いた。

 「ご存じですか……。23年前、そこの電話ボックスに赤ちゃんが捨てられていたと思うんですが」

 庭先でミカンを取っていた女性に尋ねると、竹やぶの向こうに住む人が詳しいと教えられた。訪ねた先で思わず声が出た。表札に、修正液の下に書かれていた名字があった。

 居間に招き入れられた。コタツ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら