[PR]

 地元産イノシシをジビエ食材に活用する動きが鳥取県内で活発化している。県中部では、温泉旅館などがフェアでイノシシ料理の提供を計画しており、新メニュー開発も進みつつある。イノシシの食肉処理に定評のある「日本猪(いのしし)牧場」(倉吉市)が、食品の衛生管理の国際的手法「HACCP(ハサップ)」を採り入れた施設として県の認定を受けたことも追い風になりそうだ。

三朝など温泉旅館の名物に

 イノシシのスペアリブ香味焼き、心臓のしぐれ煮、そぼろご飯、かす汁――。三朝温泉(三朝町)の温泉宿泊施設「ブランナールみささ」で今月8日に開かれたイノシシ会席の試食会には、イノシシ料理10品が並んだ。

 メニュー開発は、「日本猪牧場…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら