[PR]

 衣料品通販サイト「ゾゾタウン」で先月始まった有料会員向けの割引サービスに対し、アパレル大手の一部が反発して出品を取りやめる動きが出ている。サイトの運営会社ZOZO(ゾゾ)が急成長するなか、アパレル業界には「ゾゾ依存」への警戒感も漂う。

 新サービスは「ZOZOARIGATO メンバーシップ」で、昨年12月25日に始まった。年3千円か月500円(いずれも税抜き)を払って会員になると、一部を除いた商品が常に購入金額から10%割り引かれる(1カ月間の割引上限は税込み5万円)。新サービスの原資は会費などからゾゾが負担し、出品するアパレル各社からの追加負担はないという。

 だが、これに出品者の一部が反…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら