[PR]

 厚生労働省の「毎月勤労統計」の不正調査には驚きを通り越してあきれるしかありません。これは厚労省の担当者による悪意ある捏造(ねつぞう)なのか、それとも統計の意味を理解しない無能ゆえの所業なのか。

 どのような理由であれ、途中でこっそりと修正を始めた結果、2018年6月の「現金給与総額」は前年同月比で3・3%増という高い数字になりました。実に21年5カ月ぶりの高い伸びだそうです。

 これだけを見たら、「アベノミクスの成果が出て、給料が増え始めたぞ」と主張できることになります。

 まさか、こんなところまで安倍政権に対する忖度(そんたく)が広まっているとは思いたくありませんが、疑惑を招いてしまいます。

 この問題について、朝日新聞は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら