【動画】イヌ型ロボット「aibo」による見守りサービスの提供開始を発表=林紗記撮影
[PR]

 ソニーは23日、イヌ型のロボット、aibo(アイボ)による見守りサービスを2月中旬から始めると発表した。鼻にあるカメラや画像認識のAI(人工知能)を使い、お年寄りや子どもが時間通りに帰宅しているかを離れた場所で確認できるようにする。娯楽性に加えて実用性もアピールし、利用者のすそ野を広げる考えだ。

 サービス名は「アイボのおまわりさん」。あらかじめ指定した時間帯に、アイボは童謡「いぬのおまわりさん」のメロディーを流しながら動き回って見守り対象を探す。対象を発見したか否かを、スマートフォンに伝える。対象は最大10人まで登録できる。

 アイボのソフトウェアを2月中…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら