[PR]

 堺市南区で昨年7月、大型バイクに「あおり運転」をした末に車で追突し、バイクの男性を死亡させたとして殺人罪に問われた元警備員の中村精寛(あきひろ)被告(40)に対する裁判員裁判の判決が25日、大阪地裁堺支部であった。安永武央裁判長は争点だった被告の殺意を認定。「怒りに身を任せて一方的に衝突し、殺害した」として懲役16年(求刑懲役18年)を言い渡した。

 判決によると、中村被告は昨年7月2日夜、同区の大阪府道で車を運転中、大学4年の高田拓海さん(当時22)=堺市西区=運転の大型バイクに車の前方に入られたことに立腹。高田さんを死亡させるかもしれないと認識しつつ、故意にバイクに衝突した。

 判決は殺意の有無について、被告の車のドライブレコーダー映像などをふまえて検討。被告がクラクションやパッシングを繰り返し、高田さんと同様に第1車線から第3車線まで車線変更したことについて「怒りに基づく威嚇や追跡」と指摘。衝突後に被告が「はい、終わりー」と言った点も、その口調から「衝突してもかまわないという気持ちが表れている」と判断した。

 弁護側は「ブレーキをかけたが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら