[PR]

 名古屋市の中心部にある「栄地区」の再開発をめぐり、大丸松坂屋百貨店は23日、事業の進め方について同市と基本合意を結んだと発表した。2024年度の開業をめざし、市が新たに募集する事業者とともに、高層の複合商業ビルを建設する。リニア中央新幹線の開業を控えて活況が続くJR名古屋駅周辺に対抗し、にぎわいを街に呼び込む「起爆剤」にする考えだ。

 新しいビルができるのは名古屋市中区錦3丁目の、広小路通と大津通が交わる栄交差点北東にある角地。市が保有する栄広場(約1800平方メートル)と、大丸松坂屋が持つ駐車場など(約3千平方メートル)からなる。不動産業界の関係者の間では、「都心に残る最後の一等地」とも言われてきたが、開発は長年手つかずとなっていた。市は今後、公募で選ぶ事業者に土地を売却し、22年度の着工を計画する。

 再開発のねらいは地域のにぎわいづくりだ。

 長く名古屋の商業の中心地だっ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら