【動画】帰還困難区域の福島県大熊町で撮影された男の姿=福島県警提供
[PR]

 東京電力福島第一原発事故の影響で住民の避難が続く帰還困難区域内で空き巣をしたとして、福島県警は23日、住所不定、無職の風間悟容疑者(64)=銃刀法違反の罪で起訴=を窃盗などの疑いで書類送検したと発表した。風間容疑者は約300件の余罪を認めているという。

 双葉署によると、風間容疑者は昨年7月中旬ごろ、福島県双葉町郡山の住宅からSDカードなど2点(3300円相当)を盗み、10月中旬ごろには同県大熊町小入野の住宅に侵入し、盗みをしようとした疑いがある。いずれも帰還困難区域で、「人がおらず、自由に何でもできると思った」と供述しているという。

 風間容疑者は原発から約15キロ離れたJR竜田駅(同県楢葉町)近くに軽乗用車を止め、同区域に歩いて侵入。2017年9月から2~3週間にわたって計4回、住民が避難した空き家を転々とし、「ペットボトルの水や缶詰、下着などを盗んだ」と話している。また、「(盗みや住居侵入を)500件ぐらいやった」と供述し、うち同区域の299件については、家屋が荒らされるなどの被害を署が確認したという。

 風間容疑者は昨年10月、大熊町の町道を歩いていたところ、署員に見つかり、持っていた刃渡り約58センチの刀を振り回し、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕され、銃刀法違反の疑いで再逮捕された。