[PR]

 製紙大手の大王製紙(四国本社・愛媛県四国中央市)は23日、県内にある22の児童福祉施設などに対して、1324パックの紙おむつやおしりふきなどを寄贈すると発表した。「1324」は、昨年11月に松山市であった女子ゴルフ「大王製紙エリエールレディスオープン」の入場者数の約1割にあたる1135人と、松山市出身のプロゴルファー河本結(かわもとゆい)選手(20)=エリエール所属=が2018年度の出場試合で獲得したバーディー数189を足した数という。

 大王製紙は1982年の同オープン第1回大会から、チャリティー収益金を開催地の福祉団体などに寄贈している。河本選手は松山聖陵高校出身で、昨年7月にプロテストに合格。同年のLPGAステップ・アップ・ツアー12試合に出場して4試合で優勝し、同ツアートップとなる賞金1821万3千円を獲得。今年度前半のレギュラーツアー出場権を得ている。(矢野裕一)