[PR]

 約70年ぶりとなる市立中学の標準服の見直しが進む福岡市で23日、生徒たちの意見を聴く検討委員会が開かれた。参加した14人の市立中学生が四つのメーカーのサンプルを試着。新たに採用される方針の女子用スラックスを評価する声が上がった。

 各学校が定める制服は、現在大多数を詰め襟やセーラー服が占めるが、市は来春から男女ともブレザータイプを標準服にする方針。暑さ寒さ対策のほかに性的少数者への配慮もあり、女子もスラックスが新たに採用されることになり、スカートとの選択が可能になる。

 この日、スラックスを試着した女子生徒たちは「めちゃくちゃ軽い」「掃除のとき、スカートの裾を気にしなくていいから楽」「セーラー服と全然違う」などと感想を述べていた。

 意見交換の場では、重視してほしいこととして「身軽なもの」「ボタンが少なく着脱しやすいもの」という声が多く上がった。なかには「男子はズボン、女子はスカートという固定概念を取りのぞくものになるといい」という意見も出た。

 委員長を務めた筑紫丘中2年の道津翔斗さん(14)は「女子からも『スカートが寒い』という声をよく耳にする。学校生活が楽しくなるような服にしてほしい。僕の印象では、軽くて動きやすく、ボタンの数も少なくていいと思った。でも、ネクタイが難しかったです」と話していた。

 福岡市教委は現在、大学教授や中学校長、性的少数者関係団体の代表者らで構成する市立中標準服検討委員会で議論を重ねている。今回が初会合だった生徒による検討委員会は、あと1回、2月に予定している。また、1月28日から2月15日にかけて、市内6カ所の市立中でもサンプルを展示。地域や保護者の代表、教職員や生徒たちから意見を集約し、その上で標準服を決定する。(谷辺晃子)