[PR]

 性的少数者への関心が高まるなか、男女で違いがある「戒名」について仏教界が議論を始めた――。そうした動向を記事にしたところ、フェイスブックやツイッターで多くの反響があった。そもそも、戒名は何のためにつけるのか。専門家に話を聞いた。

 戒名は仏の弟子になった証しだ。宗派によって異なるが、位号と呼ばれる部分に、男性は「居士(こじ)」「信士(しんじ)」、女性は「大姉(だいし)」「信女(しんにょ)」などとつけ、男女で違いがある。心と体の性が違う人にはどうしたらいいか仏教界が悩んでいる。記事は、こんな内容だった。

 19日に朝日新聞デジタルで紹介すると、フェイスブックのシェアは1900件を超えた。「性別に関係のないニュートラルな戒名を開発してほしい」といった反応に加え、「戒名はいらない。付けてもらうのにお金のランクがある」といった不満の声が上がった。

 日本仏教における供養の歴史に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら