【動画】混乱のベネズエラ 国会議長が暫定大統領の就任を宣誓
[PR]

 マドゥロ大統領による独裁的な支配を巡って混乱が続く南米ベネズエラで23日、大規模な反政府集会が開かれ、集会を主導した野党のフアン・グアイド国会議長(35)が、暫定大統領への就任を宣誓した。米国やブラジルなどがグアイド氏を承認した。一方、マドゥロ政権は米国との外交関係の断絶を発表した。

 集会は、野党勢力が呼びかけていた。カラカス市内だけでも路地なども含め60カ所ほどで反政府集会があったとみられる。マドゥロ政権の支持基盤でもある貧困層の多い地区でも、市民が路上でマドゥロ氏の退陣を訴えた。現地報道では、政府支持派や治安部隊の発砲で、少なくとも13人が死亡した。NGOは、70人が逮捕されたとしている。

 グアイド氏は集会で暫定大統領への就任を宣誓。「いまほど団結が必要な時はない」と訴えた。米国は「勇気ある決断を強く支持する」としてグアイド氏を暫定大統領だと承認。ブラジル、コロンビア、アルゼンチン、チリ、ペルーなど中南米諸国が追随した。

 これに対し、ロシアや中国が大統領として承認したマドゥロ氏は、大統領府で国民向けに演説。「野党はクーデターをたくらんでいる」と主張。米国やコロンビアを名指しして「侵略行為だ」と強く批判した。米国との外交関係の断絶を発表し、米外交官に72時間以内の国外退去を命じた。(サンパウロ=岡田玄)

トランプ氏、マドゥロ氏への対抗姿勢を鮮明

 トランプ米大統領は23日、強権支配を進めるベネズエラのマドゥロ大統領の正統性を否定し、フアン・グアイド国会議長を暫定大統領と認めると発表。「米国の経済、外交の全力を使ってベネズエラに民主主義が戻るように圧力をかける」と述べ、マドゥロ氏への対抗姿勢を鮮明にした。

 トランプ氏は声明で「ベネズエラ国民はマドゥロとその政権に対して、勇気を持って声を上げ、自由と法の支配を求めている」とした。そのうえで「国会がベネズエラ国民によって適切に選ばれた正統性がある唯一の機関だ」と指摘し、各国にもグアイド氏を暫定大統領として認めるように求めた。

 また、23日に記者団に対し、「全ての選択肢がテーブルの上にある」とし、ベネズエラへの軍事行動も排除しない強硬姿勢を示した。

 一方、マドゥロ氏が米国との国交断絶を宣言したことに関して、ポンペオ米国務長官は23日、声明で「国交について決定する権限はグアイド氏にある」とし、米国はベネズエラとの国交を維持するとした。

 トランプ政権は2017年にマドゥロ氏個人の米国内での資産凍結など経済制裁を科して以降、政府高官らを対象とする追加制裁を相次いで発動している。(ワシントン=杉山正)