[PR]

 茨城大学農学部2年だった女性(当時21)が2004年に殺害された事件で、強姦(ごうかん)致死と殺人容疑で国際手配されている当時18歳のフィリピン国籍の男(33)について、茨城県警は24日にも逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、男は事件から3年後の07年にフィリピンに帰国していたが、数カ月前に県警に出頭する意思を伝えたという。県警は捜査員をフィリピンに派遣し、捜査員が飛行機に同乗して日本に入国した段階で逮捕する方針だ。

 県警は17年9月、フィリピン国籍の元工員、ランパノ・ジェリコ・モリ被告(37)=一、二審で無期懲役判決=を逮捕。ほかに、今回逮捕する方針を固めた男を含むフィリピン国籍の男2人の逮捕状を取り、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配していた。