[PR]

 マックスバリュ九州とイオン九州は24日、佐賀県内で捕獲・処理されたイノシシ肉の販売を始めた。県内でもイノシシによる農業被害は多く、関係者は「商品の背景にある問題を知ってもらうきっかけにもなれば」と期待している。

 販売されるのは神埼市、吉野ケ里町で捕獲されたイノシシを処理し、「脊振ジビエ」というブランド名で売り出している冷凍肉。

 いずれも150グラムで、ロース(税別798円)、切り落とし(同698円)を県内のマックスバリュ、イオンの5店舗で扱う。

 県によると、県内で2017年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら