[PR]

 樹脂などを材料に、好きな形の立体を作り出せる3Dプリンター。山形大学では、3Dプリンターを使って、食べ物をかむ力やのみ込む力が弱くなった人のための「介護食」を作ろうと研究が進んでいる。

 ミキサー、木べら、IH調理器――。川上勝准教授(機械システム工学)の研究室には調理器具が並ぶ。その真ん中にあるのが、食品を材料に立体を作る3Dプリンターだ。

 スタートボタンを押すと、直径2ミリの金属製ノズルから、ゆでてすりつぶしたニンジンのペーストがスルスルスルと出てきた。同時にノズルの下では、板が縦横に細かく動きながらペーストを受け止めていく。2分ほどで、板の上には雪の結晶の形の立体ができあがった。

 研究チームが目指すのは、食感…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら