[PR]

 静岡県東伊豆町の動物園アニマルキングダムで、ヤギの一種マーコールの子どもがシマウマの背中に飛び乗るようになり、その様子が「ブレーメンの音楽隊のようだ」と入園者の人気を呼んでいる。

 飛び乗るようになったのは昨年5月に生まれたメスの「きなこ」。マーコールは中東の山岳地帯に生息しており、岩山を跳ぶように移動するのが得意だ。そんな習性から背に乗ることを覚えたのでは、と同園はみている。

 シマウマは人が乗ろうとすると激しく抵抗すると言われるが、きなこには平気なようで、背中でうろうろするままにさせている。きなこは気が向けば、1時間に数回も飛び乗っているという。(石原幸宗)