写真・図版

[PR]

 2020年の東京五輪から新たに公式種目に加わる種目の一つが、自転車競技のBMXフリースタイル(パーク)です。魅力や楽しみ方を調べました。

 BMXは「bicycle motocross」の略語だ。1970年代に米国で始まった。BMXのうちフリースタイルの「パーク」は、ジャンプ台が複数ある競技場で、360度回転するハンドルなどを備えた特殊な自転車に乗ったまま、様々な技(トリック)を行う。競技会では審査員が技の難易度や完成度、組み合わせや独創性などを採点する。

 昨年12月に京都府で開かれた全日本選手権は、参加者の過半数が15歳以下だった。神奈川県の小学2年、神保虎之介君(8)は、自転車ごと後ろ向きに1回転したり、ジャンプ中に両足を後ろに上げたりする技を決め、7~9歳部門で準優勝、2018年シーズン総合成績では同部門で優勝した。

 虎之介君がBMXを始めたのは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら