[PR]

 24日午後3時ごろ、富山市池多の富山県警富山西署池多駐在所で、同駐在所勤務の山本宏樹巡査部長(30)が男にハンマーで頭を殴られ、ナイフのような刃物で顔を切られた。山本巡査部長が男を取り押さえ、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。富山西署の発表によると、男は同市五福の大学生、前田将輝容疑者(22)。前田容疑者は「警察官を襲ったことは間違いない」と話しているという。山本巡査部長は軽傷。

 同署によると、前田容疑者は拾得物を届けに来たと言って駐在所を訪れ、山本巡査部長が書類を作成中にハンマーで殴ったという。

 現場は、北陸自動車道富山西インターチェンジから北西に600メートル余りの、住宅や田んぼのある地域の一角。

 富山市では昨年6月、富山中央署奥田交番が刃物を持った男に襲われ、警察官と警備員が殺害される事件が起きている。