[PR]

 福岡県宗像市の国道3号に近い旧唐津街道沿いの原(はる)町に「暖(ヌアン)」というカフェがある。ここで毎月1回、子どもたちの勉強を手伝い、食事を提供する「子ども寺子屋カフェ」が開かれている。キーワードは「ヒュッゲな場」なのだという。

 カフェを運営するのは清水満(みつる)さん(63)=同市。北九州市立大や筑紫女学園大の非常勤講師で、宗像市の次世代育成支援対策審議会委員を務める。

 北欧デンマークの教育を研究する清水さんは、子ども寺子屋カフェを「ヒュッゲな場」という。その意味は後ほど――。

 毎月第3土曜の午後4時ごろか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら