[PR]

 東日本大震災で被災した岩手県沿岸部の鉄道「リアス線」の開業に向けて、28日、列車の試運転が始まった。津波で流された線路や駅舎などの復旧が進み、リアス線は3月23日に開業する予定。この日は踏切や保安装置が正しく作動するかを確かめながら、時速25キロ以下でゆっくりと走った。

 試運転は宮古―釜石駅間の55・4キロ。この区間は第三セクターの三陸鉄道(本社・岩手県宮古市)が現在運行中の北リアス線(久慈―宮古、71キロ)と南リアス線(釜石―盛(さかり)、36・6キロ)の間にある。再開にあたり、JR東日本から三鉄に移管され、久慈から盛まで三鉄の「リアス線」という名の一つの路線となる。総延長は163キロで第三セクターとしては日本一長い鉄道になる。

 試運転列車は1両編成。午前8時ごろ、沿線の火災で、線路をまたいで消火活動が行われたため、宮古駅の出発が約40分遅れた。(大久保泰)