[PR]

 老人ホームに入居する80代女性のキャッシュカードを使って現金を不正に引き出したとして、神奈川県警は24日夜、同県横須賀市にあるこの施設の介護福祉士田村真樹(ゆうき)容疑者(31)=同市=を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。女性は同日朝、施設内で心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認された。県警は25日午前から司法解剖をしており、死因や経緯を調べる。

 県警などによると、田村容疑者は今月5日夜、この女性のキャッシュカードを無断で使い、横須賀市内のATMから15万円を引き出した疑いがある。

 女性の口座からは昨年12月以降、逮捕容疑を含めて9回にわたり、知らないうちに計125万円が引き出されていたという。通帳をみて気づいた女性は今月23日、別の施設職員を通じて県警に相談した。

 翌24日午前8時40分ごろ、女性が朝食に姿を見せなかったため、職員が施設3階の女性の部屋を訪ねたところ、足を伸ばした状態で座っているのを発見、119番通報した。目立った外傷は確認されていないという。