[PR]

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は25日、今年開催のLPGAツアーで、中止と発表していた3大会について、開催が決定したと発表した。放映権の帰属を巡り対立していた。LPGAによると、再交渉の結果、「放映権の考え方について合意ができた」という。

 開催が決定したのは、KKT杯バンテリンレディス(4月19~21日、熊本空港CC)、中京テレビ・ブリヂストンレディス(5月24~26日、愛知・中京GC石野)、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(9月27~29日、宮城・利府GC)。3大会が加わり、今年のツアーは計39大会、賞金総額は39億4500万円となる。

 国内のゴルフ大会は、テレビ局が主催者などとして運営と関わりが深い。テレビ局の事業という性格から、これまで放映権の考え方や帰属は明確にされていなかった。LPGAは一昨年の夏から放映権の一括管理を求めて主催者と交渉したが、先月の段階では放映権の考え方に関して合意が得られず、日本テレビ系列の地方テレビ局が主催する3大会が中止になると発表していた。放映権の帰属については主催者と協議を続ける。

 LPGAの小林浩美会長は「選…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース