【動画】遺体が見つかった現場と広瀬容疑者の自宅アパート=野津賢治撮影
[PR]

 東京都葛飾区の女子大学生(19)が昨年11月から行方不明になっている事件で、警視庁は31日未明、任意で事情を聴いていた茨城県神栖市深芝南2丁目、無職広瀬晃一容疑者(35)の供述に基づき、同市内で性別不明の遺体を発見した。同日、広瀬容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。同庁は遺体は女子大学生とみて身元確認を進めている。

 捜査1課によると、広瀬容疑者は「(インターネットの)掲示板で知り合った女性に騒がれ、殺してしまった。遺体を埋めた」と容疑を認め、女子大学生殺害への関与も認めているという。逮捕容疑は昨年11月20日ごろ、同市須田の畑の土の中に性別不明の遺体を遺棄したというもの。

 広瀬容疑者は今月30日午後6時半ごろ、警視庁の聴取に対して「死体を埋めた」との供述を始め、同庁が31日午前1時半ごろ、供述通りの場所から遺体の頭部を発見したという。同庁は広瀬容疑者を24日から断続的に任意で事情聴取していた。

 防犯カメラの映像などから、女子大学生は昨年11月20日、大学の授業に出席したあと、JR綾瀬駅(東京都足立区)から鹿島神宮駅(茨城県鹿嶋市)まで電車で移動し、タクシーで神栖市方面に向かったことが確認されていた。

 その後、市内のコンビニエンスストアに立ち寄り、近くの住宅街で住民の女性に広瀬容疑者の自宅住所を尋ねたのを最後に目撃情報が途絶えていた。20日午後11時ごろからはスマートフォンの電源が切れた状態で、友人らとも音信不通になっていた。遺体は最後の位置情報が途切れた場所の近くで見つかった。

 連絡が取れないことを心配した女子大学生の家族が同22日、亀有署に行方不明者届を提出していた。