[PR]

 トレーニングジム大手のRIZAP(ライザップ)グループは25日、傘下の日用品販売会社ジャパンゲートウェイ(JG)を売却し、発表した。ライザップは積極的なM&A(企業合併・買収)を進めてきたが、不採算企業を整理する方針に転換し、今回が「スリム化」に向けた第一歩となる。

 名古屋市の投資会社に、JGの全株式を売却した。価格は非公表だが数億円とみられ、2019年3月期決算で約8億円の売却損を計上する見込みという。

 JGはシャンプーなどを販売する会社で、17年12月にライザップ傘下に入った。だが販売実績が計画を下回り、18年4~9月期に約20億円の営業損失を計上。同期のライザップ全体の営業損失(88億円)の約4分の1を占めた。

 ライザップはJGを含む傘下企業の不振で昨年11月に業績予想を修正し、19年3月期の純損益が赤字転落する見通しだと発表。M&Aを凍結し、再建策を進めている。ほかにも複数社の売却に向けて交渉中で、3月末までにメドをつける計画という。(筒井竜平)