[PR]

 テニスの全豪オープンは26日(日本時間午後5時半開始予定)、女子決勝が行われる。昨年の全米オープンに続き4大大会連覇を狙う世界ランキング4位の大坂なおみ(日清食品)と対戦するのが、同6位のペトラ・クビトバ(チェコ)だ。暴漢に襲われて負傷し、2年前の大会は出場すらできなかった28歳が復活優勝を期している。

 クビトバは2011年と14年にウィンブルドンを制し、11年には世界ランキング2位まで上がったこともある。そんな実力者を悲劇が襲ったのは、16年12月だった。自宅アパートで刃物を持った暴漢に襲われ、身を守る際に利き手の左手を刺された。当時、「幸運にも生きている。自分は強い。この事件と戦う」とツイッターでコメントし、気丈に振る舞った。だが「テニスを再びできるかわからなかった」とその胸のうちを明かす。

 日に2、3回のリハビリ。競技に戻る以前に、日常生活をするためのリハビリでもあった。「身体的にだけでなく、精神的にもきつかった。1人でどこかに行ける自信もなかった」と振り返る。それでも、事件の5カ月後に復帰した。

 今大会では、1セットも落とさず、決勝まで勝ち上がってきた。4大大会の決勝を戦うのは優勝した14年のウィンブルドン選手権以来で、全豪では初めてになる。「大舞台で試合が出来るのが大好きで、本当に楽しみ」。テニスができる実感とともに決勝に臨む。(河野正樹