[PR]

 米連邦政府の一部閉鎖が長引いた影響で、米ニューヨーク市のラガーディア空港は25日午前、到着便の受け入れを一時、全面的に停止した。航空管制などにあたる職員が足りなくなったためで、他の空港にも遅延が広がり米東部の空のダイヤは乱れ続けた。午後になってトランプ大統領が政府機関の一時再開を発表し、事態のさらなる悪化はなんとか避けられた。

 米連邦航空局(FAA)はこの日朝、ラガーディア行きの全便に地上待機を命じた。命令は間もなく解除されたが、ラガーディア空港発着便はその後も1~2時間の遅れが続いた。米メディアによると計約600便に影響した。ワシントンやフィラデルフィア、アトランタなどの主要空港でも遅延が生じた。

 FAAは声明で「職員の病欠がやや増えた」と説明した。政府閉鎖のため管制官らは給与が払われないままでの勤務が続き、病気を理由にした予定外の欠勤が増えていた。管制官らでつくる労働組合によると、現金を得るために勤務時間外にアルバイトする職員もいたという。

 全米の空港では、搭乗前の保安検査などにあたる職員も欠勤が相次ぎ、定時運航に支障が出始めていた。管制機能にまで影響が及び、空の足がマヒしかねない事態を招いたことで、政府閉鎖への批判が強まった。(ニューヨーク=江渕崇)