[PR]

 災害時の原子力発電所の事故に備えるため、県と富岡町は26日、住民の避難訓練をした。県や県警、消防、地元の住民など約300人が参加した。

 訓練は、富岡町で震度6強の地震が発生し、福島第二原発の核燃料プールの水位が低下し、発電所の敷地境界で空間放射線量が通常の数百倍に上がったとの想定。町全域に避難指示が出され、町民を郡山市に避難させる流れを確認した。

 この日、町内は未明から大雪に見舞われた。午前7時、防災行政無線で事故の発生を知らせ、避難を呼びかけた。町役場隣の文化交流センターに集まった約50人の訓練参加者をバスに乗せ、郡山市の訓練会場に向かった。

 町内のふたば医療センター付属…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら