新聞社と製薬会社に白い粉と脅迫文 オウム元幹部名乗る

有料会員記事

[PR]

 毎日新聞東京本社(東京都千代田区)や都内の製薬会社6社に、白い粉末と脅迫文が入った封筒が送られていたことが警視庁への取材でわかった。粉末は猛毒のシアン化カリウム(青酸カリ)の疑いがあるという。同庁はさらに詳しく鑑定するとともに、脅迫文の文面などから同一犯の可能性が高いとみて恐喝未遂などの疑いで捜査を始めた。

 捜査1課によると、封筒は7社に25日に届き、いずれも5センチ四方のポリ袋に入った白い粉末と脅迫文が同封されていた。粉末の簡易鑑定で、青酸カリとの結果が出たという。

 脅迫文はいずれもパソコンで打たれたA4の紙1枚で、「青酸カリを入れた偽物の薬を流通させる。2月22日までに3500万ウォンをビットコインで払わないと悲劇が起こる」などと記載されていた。

 差出人はそれぞれ、「麻原彰晃」らオウム真理教元幹部や暴力団幹部、政治家らの名前で、住所は東京拘置所東京都葛飾区)や刑務所などだった。脅迫文には死刑が執行されたオウム真理教元幹部について「冥福を祈ります」などとも書かれていた。昨年1月にも、今回の会社を含む複数の製薬会社に同様の脅迫文が送られていたという。

     ◇…

この記事は有料会員記事です。残り215文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら