[PR]

 強い寒気が流れ込んで冬型の気圧配置が強まり、26日は各地で雪が降った。

 気象庁によると、同日午前11時現在の積雪は、青森市の酸ケ湯で343センチ、新潟県津南町で238センチ、山形県尾花沢市で160センチ。仙台市宮城野区でも6センチを観測し、仙台空港(名取市)では除雪作業のため出発便の一部が欠航した。

 27日にかけて東日本から西日本の日本海側の広い範囲を中心に大雪となり、太平洋側の平野部でも積雪となる見込み。気象庁は路面凍結による交通などへの影響に警戒を呼びかけている。

     ◇

 この冬一番の強い寒気の影響で、西日本では27日朝にかけて日本海側を中心に大雪となる恐れがある。太平洋側の平地でも積雪の可能性があるとして、気象庁が注意を呼びかけている。

 気象庁によると、27日にかけて強い冬型の気圧配置が強まり、27日午前6時までの24時間の予想降雪量は多いところで、北陸100センチ、近畿北中部と山陰の山地で60センチ、近畿の平地では中部で10センチ、南部で2センチ。日本海側では突風や雷にも警戒が必要という。

 雪の影響で、阪和自動車道は26日午前7時半ごろから約5時間、泉南―和歌山インターチェンジ間の上下線が通行止めとなり、JR和歌山駅と関西空港を結ぶバスが一部運休した。