[PR]

 中国政府の国家文物局は24日、世界遺産「万里の長城」の新たな保護計画を発表した。コンクリートによる修復を「文化の破壊」と非難されたことを受けて、「保護の名を借りた『新築』をしてはならない」と明記。一方、異民族侵入を防ぐ拠点だった長城の歴史から、愛国や抗戦などの「長城精神」を学べるとして、教育への活用を盛り込んでいる。

 長城は紀元前から明(1368~1644年)の時代にかけて断続的に築かれた。全長は約2万1千キロ。中国メディアが2016年、遼寧省に残る明代の城壁の上部が約780メートルにわたってコンクリートなどで塗り固められていると報じると、非難の声が上がった。

 これを受けて、新たな保護計画では監視網を整備し、自然破壊や歴史的な景観に配慮しない修復、無許可で城壁を登ったり削ったりする行為を防ぐとした。また、長城を中華民族の精神的象徴と位置づけ、「長城に含まれる偉大な愛国主義、抗戦精神」を重視する教育を進めるとしている。(瀋陽=平井良和)

こんなニュースも