[PR]

 日本列島に強い寒気が流れ込んだ影響で、26日は東日本から西日本の日本海側を中心に大雪となった。27日も広い範囲で大雪となる恐れがあり、気象庁は路面の凍結や交通への影響、雪崩に注意を呼びかけている。

 気象庁によると、26日午後8時現在の積雪は青森県の酸ケ湯で343センチ、山形県の肘折で256センチ、新潟県の津南で244センチ、長野県の野沢温泉で165センチ、岐阜県の白川で86センチ、兵庫県の兎和野(うわの)高原で66センチなど。水戸、銚子(千葉県)、横浜、大分では初雪を観測した。

 27日は東日本と西日本の日本海側に加え、太平洋側の山地でも大雪の予想となっている。同日夕までの24時間に予想される降雪量は、北陸70センチ、関東甲信60センチ、中国、東海30センチ、近畿25センチ、九州北部10センチ。太平洋側の平野部でも積雪の可能性がある。寒気は27日朝に日本の東に抜け、冬型の気圧配置は午後には次第に緩む見込みという。