[PR]

 イタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダビンチが描いた名画「モナリザ」。パリのルーブル美術館でモナリザの正面に立つと、見つめられているように感じる。絵を見ながら少し動いても、ずっと目が合っている。「モナリザ効果」と呼ばれる現象だ。だが、ドイツ・ビーレフェルト大の研究チームがモナリザの視線を分析すると、意外な結果が出た。

 モナリザ効果は、肖像画などのモデルが鑑賞者を見つめていた場合、鑑賞者が位置を動いても見つめられ続けているように感じる現象。これまでの研究で、正面を向いた顔から左右約5度以内の範囲から見ると、モナリザ効果を鑑賞者が感じうるとされてきた。

 研究チームは24人の被験者に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら