[PR]

杉本昌隆七段の「棋道愛楽」

 棋士の対局時の服装は、節度を守ればある程度は自由です。修行僧のように作務衣で対局された棋士もいますし、夏場はノーネクタイでも構いません。一般的にはスーツで指しますが、ときには和服に身を包むこともあります。

 対局はほとんどの場合、畳の部屋で指します。朝日杯将棋オープン戦の公開対局のように、テーブル席で椅子に座って指すこともあります。

 スーツと着物では、どちらが指しやすい? 私の場合ですが、対局場に着くまではスーツ、対局中は和服でしょうか。

 スーツは何といっても朝の移動が楽なのが良いところ。通勤電車内でも、コンビニで買い物をしていても、決して目立ちません。これが和服だと人目を引き過ぎてちょっと……という気がします。

 和服は下半身の締め付けがないので慣れるとかなり楽です。ちなみに、私たち棋士は正座をするのでスーツのひざの部分にもこだわります。私は購入する際、試着室で正座をして座り心地を試します。

 2月5日の名人戦順位戦C級1組の対局。勝てば昇級。さらに、弟子の藤井聡太七段の昇級マジックも減らせるという大一番でした。私は17年ぶりに和服で対局に挑みました。

 和服の対局は特別感があります…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら